RINKO 不動産部
買いたい
売りたい
お申し込みフォーム
売却の手順について
借りたい
貸したい
資料請求フォーム
ホーム
リンコーコーポレーション
E-MAIL HOME RINKO TOP
物件売却までのおおまかな手順をご紹介しています。
ご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください。
その1 <現在の不満をリストアップ>
・自分たちがどうして売ろうとしているのか、要点をリストアップすることで考えを整理しましょう。
その2 <不動産会社に査定を依頼>
・不動産会社に査定を依頼します。不動産会社はご所有不動産の権利関係から公法上の制限等までを調査し、不動産の特性・近隣の取引状況・市況等のデータを総合的に分析して、売却の予想価格を査定します。お客様の諸事情や売却条件なども査定の重要な要素ですので、できるだけ詳しくお話しください。また、査定の根拠を詳しく聞いておくことも大切です。より納得のいく説明をしてくれるのが良い不動産会社といえるでしょう。
その3 <不動産会社と媒介契約を結ぶ>
媒介契約とは、不動産会社と売主が売却条件等につき後日思わぬトラブルにならないように契約を結び、それを書面に残すことを目的に行います。
・媒介契約には一般、専任、専属専任の3つのタイプがあります。一般媒介契約は複数の会社に依頼でき、専任媒介契約と専属専任媒介契約は1社のみに売却を依頼することができます。市況などによってどのタイプが有利かは異なってきます。
・仲介手数料は成功報酬です。契約が成立しなければ支払う必要はありません。また、広告や調査にかかる費用は不動産会社が負担することが多いです。仲介手数料の支払いなど媒介契約のルールをあらかじめきちんと聞いて確認しておきましょう。
その4 <販売活動>
・売り物件に看板を設置するかどうか検討します。 看板を設置することで、近隣を含めた興味をお持ちの方からの問い合わせが見込めます。
・中古住宅の場合は、居住しながらの販売、空家にしての販売の2パターンがありますが、それも相談しながら、よりベストな方法で販売を行っていきます。
・居住しながらの販売の場合、事前にご連絡を入れた上で、中を見たい方を不動産業者が立ち会ってご案内いたします。
・中古住宅の場合、現況で販売するのか、リフォームをして販売するのか、はたまた建物を解体して販売をするのか、よく不動産業者と話し合って、決めておきましょう。
その5 <売買契約を結ぶ>
・買いたい方が決まったら重要事項説明に臨席し、売買契約を結びます。その前に物件に瑕疵がないか確認しておきます。物件に瑕疵があると引き渡し後に問題になる場合もあります。売買する双方ともに気持ちよく契約を成立させるためにも、細心の注意を払いましょう。また、必要な書類については不動産会社に確認しておきます。
その6 <代金の受け取りと物件の引き渡し>
・代金は手付金として契約時に販売価格の10%程度、残りは残代金として物件引き渡しと同時に受け取るのが一般的です。
・契約成立しても、引き渡しまでは売り主に注意義務があります。「他人のもの」のつもりで気をつけて使いましょう。
・残代金受領時に必要な書類(土地・建物の権利証や領収書等)を不動産会社にもう一度確認しておきましょう。